春夏モード - 泉こころのクリニック ブログ 仙台市泉中央の心療内科

泉こころのクリニック ブログ 仙台市泉中央の心療内科 ホーム » 未分類 » 春夏モード

春夏モード


だいぶ暖かくなってきました。体調が不安定になりやすい季節ですが皆さんは元気でしたか?

以前から書いてはいましたが、復習の意味もかねてのお話。

ネコやイヌをみていると毛が抜けるタイミングでわかりやすいですが、動物には春夏モードと秋冬モードの体があります。

春夏モードは気温上昇によって体に熱、エネルギーがたまりやすいので、毛穴を開いて、毛が抜けて、熱を放出するモード。

秋冬モードは気温低下によって体から熱、エネルギーが逃げやすくなるので、毛穴を閉じて、熱を蓄積するモード。

今年は3月10日ぐらいからモードの切り替えが起こりました。ネコを見ていて気がつきました(笑)。

今は、毛穴が開いてエネルギーが抜けやすいのに、夕方から寒くなって余計にエネルギーを奪われやすくなります。

それを防ぐために過食になったり、過眠になったり、逆に交感神経を高ぶらせて、毛穴を締めて熱を発生させようとするので動悸がしたり不眠になったりします。

それらの症状が起きてもびっくりしないで、「あ、これが季節の変わり目の変化か」と逆らわないで、眠っちゃって下さい。

「四季に合わせて無理をしない」 

これが毎日の生活を穏やかに過ごす極意です。







現在 夕方の時間で可能な限りストレスチェック後の専門医面談をお引き受けしています。
総務部の方で引受先がなく困っている方はクリニックに電話してみてくださいね。


スポンサーサイト