FC2ブログ

当たり前のことにびっくりしない、腹をたてない - 泉こころのクリニック ブログ 仙台市泉中央の心療内科

泉こころのクリニック ブログ 仙台市泉中央の心療内科 ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 当たり前のことにびっくりしない、腹をたてない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前のことにびっくりしない、腹をたてない


あたりまえのタイトルで拍子抜けな記事ですね(笑)。


でもこれって人間関係の話になると、とたんに難しくなります。


わさびが辛いことに「舌が痛い」とびっくりする人はいますか?

わさびは辛いから「わさび」なんですよね。


にわとりが朝鳴くことに「朝っぱらから迷惑、うるさい」と腹を立てる人はいますか?

にわとりは朝鳴くから「にわとり」なんですよね。

だれも腹はたてませんよね。裏切られた、傷ついたと泣く人もいないと思います。




けれども、人間関係に置き換えたらどうでしょう。


みなさん、意地悪な上司や姑に悩まされていませんか?




でもね。








意地悪で有名な上司が、意地悪をしてくるのはあたりまえです。「意地悪な上司」だから。

悪口がすぎる姑が、悪口を言ってくるのは当たり前です。「毒舌姑」だから。


とても残念なことですが、当たり前のことはあたりまえに繰り返されていきます。



「今日こそはほめてくれるのでは」と期待するのは、「今日こそはわさびは辛くないだろう」「今日こそは鶏は朝静かにしてくれるだろう」と考えるのと同じです。たいていはがっかりする結末になってしまいます。



だからこそその言葉を受け入れて、「傷ついた」とか「裏切られた」といって落ち込んだり、怒ったりするのをいったん止めてみましょう。


そして、中立の立場で、

「さすが静岡産の本わさび、鼻に抜ける香りと辛みがちがうね」

「今日の鳴き声はひときわ高いなあ。元気でなにより」

という感じで、

「さすが意地悪で他部署にもその名声がとどろく部長、ネチネチした物言いの中にもいびりがぴりり」

「今日の悪口は、意地悪姑の星、泉ピン子も真っ青だ。星3っつ!」

と客観的に評価してみてください。


これをうまくやるため大切なポイントは


「受け入れないで受け流す」


を徹底することです。



最初は難しいですが、うまくできるようになると、少しずつ気分が楽になるかもしれません。





大切なことなのでもう一度人生のコツを書いておきます。



「当たり前のことにびっくりしない、腹をたてない」













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。