良いこと日記  あの伝説の人も! - 泉こころのクリニック ブログ 仙台市泉中央の心療内科

泉こころのクリニック ブログ 仙台市泉中央の心療内科 ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 良いこと日記  あの伝説の人も!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いこと日記  あの伝説の人も!

おはようございます。
最近良いこと日記が続かないと嘆く方が多いです。
もし続かないとしたら、そこにメリットがないからです。だからやる気が起きないのです。
やる気になるためにどうしたらいいかなあと思っていたら、良い記事を見つけたので紹介します。
以下転載
カーネギーの幸運日記
http://ameblo.jp/hiroo117/entry-12161494621.html
ゼロの状態からスタートして巨万の富を築きあげることに成功したアメリカの鉄鋼王アンドリュー・カーネギーは、日記をつけるのを日課にしていました。
そのカーネギーが死んだのち、遺族が彼の日記をめくると、そこには次のようなことが記されていたというのです。
「小鳥が卵を産んだ。我が家に家族が増えると思うと楽しみだ」
「夕飯に食べたオムライスがものすごく美味しかった」
「孫の風邪が治ってなによりだ」
「妻が手編みのマフラーを編んでくれた。ありがたい」
つまり、よい出来事だけを書き記していたのです。
私たちの中には日記をつけている人も多いと思いますが、不運に見舞われると、往々にしてマイナスのことを書きがちです。
思い当たる人は、これからはよい出来事だけを日記に書く習慣をつけるといいと思います。
「今日は朝早く起き、散歩ができた」
「自分の案が会議で採用された」
「ランチで食べたパスタがものすごく美味しかった」
「友だちが観たかった映画のDVDを貸してくれた」
転載おわり
ちなみに、この方は、週給1ドル20セントから始めて、純資産を (2007年の価値に換算して)2983億ドル、日本円で32兆8千億円持っていて、ロックフェラーに次いで、世界で2番目にお金持ちだったようです。
なんだかやる気が出てきませんか(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。